ベトナム旅行で注意すること。食べ物、ボッタクリタクシー、道路の横断

2009年1月 ベトナム・カンボジア旅行

ベトナムは、可愛い雑貨のショッピングが楽しめて、美味しい生春巻きやフォーが食べれる国!女性なら一度は行ってみたい国ではないでしょうか?治安もアジア圏では良いですからね。でも、実際に行ってみると注意しなきゃいけない事がたくさんありました。

スポンサーリンク

一番危険な食べ物は生野菜!?

これは、私じゃなく知り合いの話なんですが、ベトナムに行ったら絶対に食べたい「生春巻き」を食べたら、物凄い腹痛と吐き気に襲われて病院に行ったら食中毒!医師に「何を食べた?」と聞かれ「生春巻きを食べた」と言い、生春巻きの材料を知ってる限り言ったところ、「モヤシだろう」という答えが来たそうです。え?モヤシ?肉とか海老じゃなく?

実は、ベトナムの水は汚染されてて、野菜に菌が多いそうです。地元の人は免疫力があるので少しくらい食べても平気だけど、観光で行った日本人は野菜を食べて食中毒を起こす事が多いようです。もちろん茹でたり炒めたものは大丈夫です。でも、生野菜は要注意だそうです!

そんな話を聞いていたので、ベトナムに行っても私は生野菜は極力食べませんでした。ちょっと楽しみは減ったけど、お腹壊したらせっかくの旅行も台無しですからね。

万が一、おなかを壊したときの為に常備薬を持っていくのはもちろん、海外旅行保険に入って行くのも必要です。

タクシーは、ボッタクリが多いらしい。安全なタクシーに乗るなら?

現地ツアーに参加した時に同じ参加者の人が「空港からホーチミンのホテルまで、タクシー代がやたら高かった」と話していました。タクシー代にいくら払ったのか聞いたら、なんと3倍近い料金!ガイドさんに「それは完全なボッタクリですね」と言われてました。

ホーチミンのタンソンニャット空港を出るとタクシードライバーが声をかけてきます。とにかく、日本人を見ると「タクシー?」と取り囲んできますが、声をかけてくるのはほとんどがボッタクリなので、必ずタクシー乗り場から「VINASUN」タクシーに乗りましょう。この「VINASUN」タクシー会社はホーチミンでも評判は良く安全と言われています。

国際空港からホーチミンの中心部まで20分~30分です。道路が渋滞もしてないのに、それ以上時間がかかるときは遠回りされてるかもしれませんよ!ちなみに、タクシー代は200,000ドンくらいです。

道路の横断にはコツがある!?絶対にしちゃいけないこと。

ベトナムと言えば、とにかくバイクが多くてなかなか道路を横断できない!渡ろうとするとクラクションを鳴らされて恐くて渡れない。私も最初は横断歩道を渡るのに10分くらい立ち尽くしてました。信号は日本みたいにあちこちに無いので、信号機まで歩くのも凄い遠回り。

でも、慣れてくると地元の人達みたいにスタスタと渡れるようになりますよ!あまり慣れちゃうと日本でもついやってしまいそうになるので気をつけてくださいね。最初は、地元の人が渡る時にぺったりくっついて渡りましょう!これ、一番間違いなく安全に渡れます。

走ったり、途中で立ち止まるのは危険です。
とは言え、近くまでバイクが来てたらつい走ったり止まったりしたくなりますよね?
でも、これはかえって危険なんです。

バイクに乗ってる人達は人が渡るタイミングみたいなのはわかってるので、それに合わせて加速や減速しています。なので、走ったり止まったりするとタイミングがわからなくてぶつかってしまうので、気をつけてくださいね。

最初は、本当に恐くてドキドキしますけど2日もしたら慣れますよ!でも完全に慣れる頃には帰国しちゃうんですけどね~

マッサージは安いけど、チップが高額?

ホーチミンのマッサージは、日本から比べると安くておすすめです!
でも、中には高額なチップを請求して来るお店もあるそうです。
それも、かなり強気で請求してきてつい払ってしまった・・・なんて話も聞きます。

せっかく安くマッサージ出来ても、チップに高く付いたら意味がないですよね?

 

私が行った「ロイヤルフットマッサージ(Royal FOOT MASSAGE)」は、施術料金にチップも込みでした。
とても上手だったし親切でしたよ。

ただ、ここは施術してくれる人に当たり外れがあるみたいです。

全員、番号があって、番号の若い人ほど上手ということです。
確かに、私は2回行って、最初は15番で、2度目は3番でした・・・確かに2度めの人の方が上手かったかも。

もし指名できるならしてみるのも良いかも~指名料とかはかかるかもしれませんが。

 

飲み物は、有料のメニューを持ってきて聞かれるけど、「NO」というとハーブティーを持ってきてくれます。
頼んでも飲んでる暇無いと思うので、ハーブティーで十分だと思いますよ。

常夏でも羽織るものは必須

現地ツアーに参加したり、タクシーで移動することもあると思いますが、乗り物の中はクーラーがガンガンきいてるので寒いです。
デパートの中も、涼しいと言うよりも寒いです。

なので、羽織るものは必要ですよ。
荷物にならない程度のものでいいと思いますが。

 

あと、ホーチミンと言えば常夏ですが、ちょっと足を伸ばしてメコン川クルーズをする人も多いと思います。
メコン川クルーズは晴れていても風が強かったりして結構肌寒かったです。

タイトルとURLをコピーしました