一旦、B&Bに戻って座談室で休ませてもらいます。
ここのオーナーさんは、チェックアウト後でも長時間じゃなければ座談室も使わせてくれるし、5ユーロでシャワーも使わせてくれるんです。

チェックアウト後って、結構時間を持て余すことあるけど、今回は助かりました。

一息付いたら、ボケリア市場に行ってグエル邸に行きます。

スポンサーサイト

ボケリア市場

昼食時間にボケリア市場に行ったら、昨日とは比べ物にならないくらい人が多い!


でも、このくらいの方が活気があっていいよね~

まず、「昨日とは違うお店でジュースを買ってみよう」ってことで、中の方にあったお店でフレッシュジュースを飲んだんだけど・・・・
「薄い!!」なに?これ・・・・薄めすぎなんじゃない?
あまりにも薄すぎて不味すぎて写真撮るの忘れちゃいました!!

あまりにも残念だったので、昨日ジュースを買ったお店に行ってまたオレンジジュースを買ってみる!


美味しい!!!やっぱ、これぞ100%ジュースだよね~

ってことで、ボケリア市場の中の方にあるお店のジュースは、お店によっては薄くて不味いです!!
かなーーーり当たり外れがあります・・・・気をつけましょう。
私は、入り口近くにあって外側にあるお店で買ったのが一番美味しかったです♪

今日も、生ハムの盛り合わせ食べます!


今日は、奮発してサラミとかチーズとか色々入って5ユーロ(昨日は3.5ユーロ)!めっちゃ美味い♪
つか・・・これ食べたら、お腹一杯になりました・・・私(^^

腹ごしらえしたら、グエル邸に行こう!!

グエル邸

チケット売り場は誰も並んでなくて、すぐに購入できました。
オーディオツアーも日本語あり!

グエル邸って、色々な部屋があって楽しかったです。
(↓ 写真をクリックすると大きな写真にリンクします)

  

 
とにかく個性的・・・お洒落っていうか、キンキラキンとか和風っぽかったり・・・・
でも、一つ一つの彫刻とかも凝っていて面白い。

トイレも、なんかお洒落~

そして、見たかった屋上!!可愛い煙突がたくさん~

 

  

今回の旅行、ガウディ建築の煙突たくさん見たけど、煙突ならグエル邸が一番可愛いと思った(^^

トカゲちゃん・・・ガウディってトカゲ好きなのかな?

グエル邸を出て、ボケリア市場まで行って、メトロでB&Bまで戻って、空港近くのホテルに向かいます。
最寄りの駅「Urquinaona」のタクシー乗り場から、タクシーで行きます。
この時間なら、エアポートバスで行くのもありだったけど、スーツケースを持って歩き回るのも心配だったので奮発してタクシーで行きます。

バルセロナ・エアポート・ホテル

メトロ駅「Urquinaona」からタクシーで32ユーロ(スーツケース2個分含)でした。

とても綺麗なホテルだけど・・・・
どうも、私は、こういうホテルって苦手・・・・言葉の壁で心が折れそうになる・・・つか、心が折れる(涙
相変わらず、何言ってるかわからないし・・・長文で早口な英語、まじで勘弁して(涙

とりあえず部屋に入ってホッとする・・・・

 

バスタブが嬉しい!!

バルセロナに来てから、ずっとシャワーしか浴びれなかったから、どうしても疲れが取れなかった。
今日は、ゆーっくりお風呂に入ろう♪

そして、便器が2つのウォッシュレット(右が普通の便器、左がお尻を洗う便器)!?


目的は同じなんだけど、日本のウォッシュレットとは使い勝手も、使い心地も全然違う・・・・。
これを使う度に、日本のウォッシュレットの素晴らしさがわかる(^^

海外旅行で(主にヨーロッパ)2つの便器のウォッシュレットを見たらぜひ使ってみましょう!

久しぶりにお風呂に入って・・・

やっぱり、バスタブのお風呂は良い!!
疲れが取れる・・・っていうか、気持ちよすぎて脱力・・・・湯船の中で眠りそうになった。
私も夫も、お風呂に入ってしまった後は、「もう何もしたくない・・・」ってなってしまった。

本当は、空港まで行って晩御飯を食べようとか、食料を調達しようとか思ったのに、そんな気力さえ無くなってしまった。
ホテルのレストランは、なんか言葉の壁に心が折れそうだし・・・・
ルームサービスも、イマイチ食べたいと思うものが無い。

つか、食べる気力も無いくらいの脱力感・・・・疲れが一気に出たのか?とにかく眠い・・・・部屋から出るのさえも億劫に感じてくるし、トイレに行くのも面倒になる。

結局「面倒だから、持ってるものでお腹を満たして、明日の朝早くに空港のラウンジでガッツリ食べよう」ってことになり、お土産に買ったクラッカーとかビスケットとかを食べた。

一個だけ残ってた、(日本から持ち込んだ)カレーラーメンのカップ麺が妙にありがたかった。

 

私達、20:00くらいには熟睡してたと思う。

バルセロナの最終日は、なんともひもじい日になってしまった(涙

海外旅行に行くとき、我が家はカップ麺が欠かせないってことがよくわかった。

スポンサーサイト