私が海外旅行に行くときの

計画の立て方とか下調べ、出発3ヶ月前になったら準備するものなど

備忘録のつもりで書いてみたいと思います。

 

旅行計画に関しては、計画通りになったことは一度もありません(^^;

やっぱり、疲れたり、目的地にたどり着けなかったりもあります。

「もしもの時」の準備も、今まで一度も使ったことはありません。

それでも、万が一何かあったときは

言葉も通じない外国で孤独な思いをすることの無いように

準備をしていくのは、やっぱり必要だと思います。

スポンサーサイト

旅行計画・下調べ

閑散期で混んでない時期を調べる。

閑散期と繁忙期では、現地で観光に費やす時間も変わってきます。

その結果、長時間並ぶことになったりして

行きたかった所に行けなくなることもあるので

私は、閑散期の観光客の少ない時期を選んで行きます。

ただ、あまりにも閑散期だと、観光したい所が休みだったりするので

その辺もちゃんと調べます。

そして、自分が行きたいところに行ける日を旅行日にします。

行きたい国の治安を調べる

私は、「石橋を叩いて渡る」タイプの人で、かつ外国語は話せないので

治安に関しては「これでもか!」ってくらい調べます。

行きたい国でも、治安に不安があったら行きません。

例えば・・・

エジプトとかインドは憧れますけど

私の語学レベルで、個人旅行となると不安要素が多すぎて不安なので行きません。

あと、韓国や中国などの反日国にも行きません。

 

せっかくの旅行ですから、不安を抱えてまで行きたくないし

行って嫌な思いもしたくなですからね。

 

最近では、テロや震災なども不安な要素になってますよね。

必ず、「外務省海外安全ホームページ」は確認します。

ま、渡航禁止とかになると航空会社からも何らかの連絡は来ますけどね。
(来ない場合もあるので、航空会社のサイトで確認も必要です)

気候とか気温を調べる

観光となると、一日あるきまわることも考えられるので

ストレス無く観光できるかどうか調べます。

暑すぎず、寒すぎず、雨が多い時期か?少ない時期か?

それによって、持っていく服とかも変わってくるし、いかに荷物を少なくできるか?も大きな課題です。

 

あと、ヨーロッパの冬は日が短くて

17:00になると真っ暗になることも考えて・・・。

スポンサーサイト


行きたい時期が決まったら、予約と本格的に計画

特典航空券を予約する

特典航空券の場合は、希望の日や希望の航空会社では、なかなか空席がありません・・・。

特に、ビジネスクラスになると、閑散期と言えども一発で見つけられるのは奇跡に近いです。

特典航空券を予約するのは、当然ですが早ければ早いほど確実です。

 

でも、「空席が無い・・・予約できない」と嘆くのもまだ早いです!

毎日、根気よく空席を探せば、時々あったりするんです!

あと、直前にも空席がたくさんあってびっくりしたことあります。

すでに予約をしている人も、より条件の良い日にちを探していて

そこが空いたら変更してるんだと思います・・・。

 

特典航空券じゃなく、購入するなら

繁忙期は大変かもしれませんが、閑散期なら、かなり空席はあるみたいです。

観光したい場所を決める

観光したい場所や、行きたいレストランなどは、地図に印をして行きます。

そして、「4travel.jp」の旅行記を見たりして生の情報を得ます。

口コミやレビューを見て、最終的に行きたいところを決めます。

ホテルを決める

航空券の予約が完了したら、行きたい所に近いホテルを探します。

が、私がホテルを探す時に、希望というか重視する項目がいくつかあります。

  • メトロやバス停に近いか?(遠いとタクシー代がかかる)
  • 治安の良い地域か?(悪い地域だと、暗くなると歩けないし、毎日ビクビクしてあるかなきゃいけない)
  • シャワーか?バスタブ付きか?(私は、バスタブ派)
  • 冷蔵庫はあるか?(水とか、スイーツとか、惣菜を入れたい)
  • エレベーターはあるか?(無いと、スーツケースを持って階段を上らなきゃいけない)
  • 日本語か、簡単な英語でも通じるか?(到着が遅れたり、トラブルに巻き込まれた時に意思表示が出来ないとキツイ)
  • 直前までキャンセル可能か?(直前まで何が起きてキャンセルするかわからないから)

もちろん、全てが叶うところを見つけるのは至難の技ですけどね(^^

それでも、たくさん出てくるホテルを選ぶ際には決めやすいです。

出発3ヶ月~1ヶ月くらい前になったら準備するもの

もしもの時の為に

  • パスポートは、人数分コピーして、持ち歩くバッグとスーツケースに入れておく(同行者にも持ってもらう)。
  • e-チケットは、何枚か印刷して、バッグとかスーツケースとかに入れておく。
  • 戸籍謄本を一通用意する(無駄に終わることがほとんだけど、お守りとして持ちます)
  • クレジットカードは、最低でも3枚は持ちます(財布を分けて入れます)
  • 持ってるクレジットカードの番号をメモしておく。
  • 持ってるクレジットカード会社の連絡先をメモしておく。
  • 携帯電話など、現地で通信できるものをレンタルか契約する。
  • 海外旅行保険にはいる(クレジットカードで不足分)
  • 現地で、日本語が通じて海外旅行保険がきく病院を探して電話番号などをメモしておく。
  • 警察署の場所を確認して地図に印をつけておく。
  • 日本大使館の場所のチェックと、業務時間を調べておく。
  • 日本語で対応してくれそうなところを見つけておく(日本系デパートとか)
  • 持ち物(スーツケース、バッグ)の写真を撮っておく(ロストバゲージの為に)
  • 他の人の物と区別がつかなくなりそうなのは、印を付けておく(私はシールを貼ってます)

ほとんどが、利用しないで終わりますけどね(^^

それでも、万が一、何かあったときにはすぐに対応できるので。

観光の為に用意するもの

現地語の地図

道に迷ったときとか、現地の人に道を聞く場合

日本語とか英語の地図を見せるのはストレスを与えると思います。

 

私も、日本で韓国語の地図を見せられて道を聞かれた事がありますが

自分の住んでるところなのに分からなかったです。

せめて、現地語の地図で道を聞くのがマナーかな?って思います。

 

と言っても、なかなか外国語の地図を用意するのも大変なので

現地の本屋さんで購入してもいいと思います(私は、そうしてます)。

観光案内所でも、無料で配布してる事もあります。

もちろん、前もって用意して置けるならしておいた方が

行きたい場所の印も付けられるので便利ですよね?

入場券や、コンサートチケット、現地ツアーなどの予約

直前だと予約でいっぱいになることがあるので

予約できるものは、3ヶ月くらい前になったら予約しておいたほうが良いです。

特に、現地ツアーは、当日だと人が集まらずに中止になってることもあります。

 

日本語で予約できるサイトを紹介します。

ツアーだけじゃなく、レストランや二階建てバスなどの予約も出来ます。

私も利用したことあるけど、とっても便利だと思います。

現地で予約をするとなると、最低限、英語は話さなければなりません。

それが不安な方は、予約して行ったほうが良いと思いますよ。

スポンサーサイト