バルセロナでのテロ事件、朝から大きなショックを受けてます。

13人もの方が亡くなって、100人以上の方が怪我をしているとか?

今は、夏休み(バカンス)時期ですから、世界中から観光客が集まる時期ですよね。

異国でテロの被害に遭うなんて恐かったと思います。

ホテルから一歩も出られなくなった方とか

せっかくの楽しい旅行が恐い想い出になってしまうなんて残念ですよね。

 

今回のテロの被害に遭った場所は

ランブラス通りからカタルーニャ広場までの歩道・・・・

 

実は、5月のバルセロナ旅行の宿泊はカタルーニャ広場近くを探してたし

ランブラス通りは、行きたいところがたくさんあって

「ほぼ毎日歩くだろうな~」なんて思ってたんです。

 

私の好きなバルセロナの某本よりお借りしたMAPです。

赤い線の所が、今回テロの被害にあったところです。

それほど長い通りでもないのに、観光地客が集まる施設がたくさんありますよね?

それだけ、人が集まる通りなんです。

 

今時点では、来年の5月のバルセロナ旅行をキャンセルするつもりはありませんが

どこの国に行っても、気をつけなきゃいけないっていうのは改めて実感しました。

と言っても、テロに関しては気をつけようも無いんですけどね。

せめて、最悪何かあったときのための備えとかは必要ですよね。

 

実は、2015年にパリに行った時もパリの新聞社のテロ事件とニアミスしてたんです。

私が日本に到着した翌日、パリのテロ事件の報道をしていて

一瞬何が起きたのか分かりませんでした。

しかも、前日に空港に向かう時、タクシーで近くを通ってました。

私がパリに滞在してた時は、せいぜいスリに気をつけるくらいでしたが

その日から、観光地にも警察が銃を持って立つようになったみたいですね。

 

今回のバルセロナのテロ事件で

空港の警備もより厳しくなるかもしれませんね・・・

観光地も、今までとは雰囲気変わるかもしれません・・・

テロを恐れながら海外旅行をしなきゃいけないなんて

なんか、悲しい世の中になりましたよね。

スリとかを心配して歩くほうが、よっぽど平和だって思うようになってくる・・・

スポンサーサイト