飛行機のビジネスクラスは、エコノミー席とは比べ物にならないくらい快適です。

まず、シートの広さも全然違うし

最近のビジネスクラスは180度フラットになるものがほとんどです。

 

それでも、やはり飛行機の中の狭い空間なので体の負担は無いわけではありません。

 

2017年のバルセロナ旅行で利用するスイス航空のビジネスクラスは

ビジネスクラスと言えども、色々と座席指定などでも気をつけた事を書きたいと思います。

スポンサーサイト

スイス航空のビジネスクラスの窓際は席を立ちにくい

ANAのビジネスクラスは、スタッガードだったので問題なかったんですが

スイス航空のビジネスクラスは、窓際に座った場合は

トイレなどに行く場合は、隣の人をまたぐか、避けて貰わなければなりません。

 

私は、長時間のフライトの時は

窓際よりも、通路側の座席を指定します。

やはり、トイレに気楽に行けないのはストレス溜まるので。

今回も、夫と2人で中央席を指定しました。

家族や友人と行くなら問題ないかもしれませんが

隣(通路側)に知らない人が座ってる時は、ちょっと気が引ける・・・

って方は、通路側か、中央2列に座ったほうが良いかもしれません。

 

でも、上の座席を見るとわかると思いますが

左側の広い1人掛けのシートは席がありません。

噂によると、この席はスイス航空の上級会員しか指定できないとか?
(定かではありませんが・・・)

私は、かなり早めに座席指定をしたんですが(特典予約と同時)

その時からすでに席は予約出来ない状態でした。

 

ビジネスクラスをより快適に過ごすためのグッズ

携帯加湿器


自然気化式小型携帯加湿器(エコロジー加湿器) ちょこっとオアシス

飛行機の中は、ビジネスクラスもかなり乾燥します。

私は、鼻とか喉が弱いので、乾燥するとすぐ風邪引くんです。

なので、5時間以上飛行機に乗る時は、携帯加湿器を持ち込みます。

この加湿器に水を入れて、顔の側に置いておくだけでも全然違いますよ。

折りたためて、機内持ち込み手荷物に入れても邪魔になりません。

また、冬はホテルも乾燥するので、かなり使えるグッズだと思いますよ。

耳栓


サイレンシア フライト エアー

飛行機の音は、たぶんどの席に座っても気になる人には気になるでしょう。

私は、慣れるまでは飛行機の音で眠れませんでした。

たぶんビジネスクラスのアメニティにも付いてると思いますが

ワタシ的には、ちょっと柔らかくてあまり効果は無かったです。

ストール・カーディガンなど

国際線の長距離路線では、毛布などは余分にあると思うけど

トランジットがあって、ヨーロッパ内移動がある方は手荷物にしたほうが良いです。

私が以前に乗ったルフトハンザのヨーロッパ内路線(ビジネスクラス)では

そういうたぐいの物はありませんでした(2010年8月)。

機内がとても寒くて、震えながら乗ってた記憶があります。

ストールをスーツケースに入れてしまって、とても後悔しました。

帰りは、ちゃんと持ち込み手荷物にしましたよ(^^

スポンサーサイト