15年くらい前にツアーでイタリアに行った時に

ガイドさんが「スペインに行くときは、治安が悪いので私達でもかなり緊張します。」

と言っていたのを思い出します。

ガイドさんが、ちょっと目を離した隙にツアー代を盗まれた話などを聞きました。

 

では、スペインは今でも治安は悪いんでしょうか?

やっぱり、気になるところなので色々と調べてみました。

スポンサーサイト

スペインだから特に治安が悪いというわけではない

15年前から見たら、治安もかなり良くなってるようです。

そもそも、15年前の治安情報も、ガイドさんから聞いただけですから。

 

でも、海外旅行で見かける日本人は、私の目から見ても無防備だと思う人がたくさん居ます。

ブランドショップの紙袋をたくさん持って地下鉄に乗ったり

地下鉄の切符を買うのに、分厚い財布を出して買ってたり

(高そうな)一眼レフのカメラを肩からぶらさげたり

 

あと、最近は、スマホが一番狙われるので気をつけたほうが良いですよ。

スペインで遭遇し易い犯罪の例

ケチャップ詐欺:
服にケチャップなどをかけて、「荷物を持っててあげるから、服を脱ぎなさい」と言って、預かった荷物を持って逃げる

気になるけど、ここは、ひたすら無視!!
まずは、ホテルに戻るか、どこかのトイレで服を脱ぐこと!

警察官の格好をした詐欺:
パスポートの掲示を求めて、渡されたパスポートを持って逃げる。

パスポートは、コピーを取って持ち歩いてそれを見せる。
本物を掲示しろと言われたら
(嘘でも)「ホテルにある(A passport is in the hotel.)」と言う。

道聞き詐欺:
1人が道を聞いてるふりして、相棒がその隙に財布を奪う。

観光客に道を聞くことがそもそも変!
「知りません。(I do not know. I’m sorry)」って言って立ち去る。

小銭まき詐欺:
わざと小銭をまき散らして、拾ってあげてると、そのすきに財布を盗む。

急いでるふりして早足で立ち去る。

地下鉄スリ:
ドアが閉まる瞬間にバッグを奪って逃げる

ドアの側に立たない。
立つ時は、たすきがけにして前でバッグを抱える。

スポンサーサイト


結局、スペインの治安は?注意することは?

正直、普通にヨーロッパ旅行で気をつけるレベルのものばかりです。

  • 道で声をかけてくる人を、(警察たりとも)むやみに信用しない!
  • バッグは、常に視界の中に来る場所で持つ。
  • 地下鉄やバスに乗る時は、入り口近くに立たない。バッグは抱える。
  • 歩道を歩く時は、なるべく建物の方に寄って歩く。
  • 大金を持って歩かない(財布はいくつかに分ける)。
  • 荷物をたくさん持って歩かない。
  • 人気(ひとけ)の少ない場所を歩かない。

これだけでも気をつけていれば、かなり被害に遭う確率は低くなると思いますよ。

あと、スペインにもロマ(ジプシー)が居ます。

彼らが近寄ってきたら要注意!!

彼らのスリの手法は、かなりのものです。

ロマの特徴、私が知る限りでは・・・

フランスのパリと、イタリアのローマで遭遇した

ロマ(ジプシー)の特徴を思い出してみました。

  • 東欧系で肌は濃い。
  • いまいち垢抜けない感じの服を着ている。
  • 集団で行動している。

もちろん、全てのロマ人が犯罪を犯しているわけではないと思いたいですけどね。

でも、犯罪をしようとしている人は、目つきが違います。

やっぱり、「獲物を捉えた!」って目で見てきます。

 

地下鉄駅や観光地などで

自分に視線を合わせて来る人が居たら気をつけましょう。

普通、知らない人に視線を合わせてくるなんてありえないですからね。

スポンサーサイト