飛行機のエコノミー席で長時間のフライトは辛いです。

 

初めて、ヨーロッパまでエコノミー席で行った時は

何の用意もなく乗ったため、飛行機から降りた後は

しばらく脚が怠かったし、肩がこりました。

 

でも、2度めに乗った時は

色々とグッズを持ち込んだので、少しは楽に過ごせました。

 

あの狭いシートですから、グッズがあれば「快適」とは言えませんが

あると無いとでは体への負担が全然違った!

と思えるグッズをいくつか紹介します。

スポンサーサイト

ふくらませるピロー


Purefly ネックピロー U型 手動プレス式膨らませる 旅行用 飛行機 バス オフィス 自宅 収納ポーチ付

これは、絶対にあったほうがいいです!

寝るときに無いと、首にかなりの負担がありますよ。

機内でも長時間フライトの時はピローは用意されてるけど

ハッキリ言って、あまり意味がありません。

 

私は、初めての長時間フライトの時は用意しておかなくて

帰国してから1週間位、首と肩が辛かったです。

バッグに入るように

ふくらませるタイプの物が良いですよ。

スポンサーサイト


アイマスク

 


BOOCOSA 低反発アイマスク 遮光性・通気性抜群 究極の柔らかシルク質感 圧迫感なし睡眠、旅行、昼寝に最適

隣の人がライトを付けて本を読んでいたりすると

その光って、結構気になって眠れなかったりします。

航空会社によっては、アメニティであるかもしれませんが

あっても、質は良くないので使いにくいです。

 

低反発のアイマスクは、目にも優しいので

起きた後も、目がスッキリして気持ちいいですよ。

また、時差ボケで眠れない時もアイマスクがあれば

眠れたりするので、機内で使わなくてもあると便利な一品です。

あれば、ちょっとは快適になるかもしれないグッズ

機内のアメニティで用意してる場合もあります。

  • 耳栓(近くで子供が泣いた時とか、飛行機の音が気になる人は必須)
  • スリッパ(靴は脱いだほうが絶対に良いです。)
  • 化粧水・ハンドクリーム(機内はかなり乾燥するので、男性にも女性にもあると良いかも)
  • のど飴(喉が弱い人は必須です)

あまり必要ないかも・・・と思うもの

他にも「機内」で探せば色々なグッズが出てきます。

脚を楽にするためのグッズが多いんですが・・・

機内グッズ 特集【amazon】

 

でも、正直言って

エコノミー席でそんなの使えるような場所はありません。

そもそも、脚を伸ばせるようなスペースなんてありませんから・・・。

私も、いくつか用意して乗りましたが

結局、邪魔になったりして使えませんでした。

 

なので、用意するなら

とりあえず、ピロー(枕)とアイマスクだけで十分かと・・・

スポンサーサイト