ANAの国内線の特典航空券のルールが変わったのご存知ですか?

予約が早くに取れるようになったり、特典航空券の有効期限が90日から1年になったり・・・一見、便利になったかな?と思ったんですが!

ぶっちゃけ、私にとっては、むしろ改悪に近いかもです。

スポンサーサイト

当日空港での前便に変更が不可になった!

これを見てください!赤い線を引いた部分です(私が引きました)。

これ、国際線で予約を取った時、特に、成田→羽田の移動がある時によく利用してました。

予約するときには、帰国便の遅れとかも考えて遅めの国内線を予約して、羽田で乗る予定の便よりも早い便に空きがあれば変更してもらえるので、とても有り難かったんですけどね。

廃止になっちゃうようです・・・残念です。

 

それでも、10月28日からなので、とりあえず5月のバルセロナ旅行では利用できそうです。

5月も、帰国の日のちょうどいい時間はギリギリだったので最終便で予約してるんです。

それだと空港で7時間位時間があるので、早い便に間に合えば変更してもらう予定です・・・たぶん、GW明けだし平日なので大丈夫かな?って思ってますけどね。

 

でも、次の旅行(あるとしたら)にはもう使えないってことですね。

地方空港を利用する人のこと、もっと考えてほしいです・・・全く!!って、特典航空券なんだから文句言えないですけどね(^^;

予約開始がよくわからない

今まで、特典航空券の与薬は2ヶ月前だったんですけど、10月28日からは、ダイヤ期間!?

何?それ?いつ?って思ってしまいましたが・・・

ぶっちゃけ・・・わかりにくいです(^^;

正規運賃とかは、355日前とかから予約できるようになったみたいですが、私には縁がありません。

私が利用するのは、一番安い運賃か特典航空券だけだと思うので。

 

今までみたいに、2ヶ月前の9:30からって方がわかりやすかったです。

これだと、いちいちANAのサイトで予約開始日を確認しなきゃならないし、最悪予約開始日を逃しちゃうなんてことにもなりかねないですね。

 

それでも、やっぱり特典航空券は有り難いサービスですから、これからもANAのサイトに入り浸り、旅の計画をしますよ!!

旅の計画は、面倒くさくてナンボ!ですから(^^

国内線の乗り継ぎ、私はこうして時間を過ごします!

国内線で3時間以上の乗り継ぎ時間があったら、どうしますか?空港で過ごしますか?

私は、5月の旅行の際、もし早い便に乗れなかった時の事も考えてます。

良かったら参考にしてくださいね!

スポンサーサイト