今日(12月1日)から燃油サーチャージが値上がりします。

 

例えば、日本からヨーロッパに行く場合は

昨日までは、片道3700円の燃油サーチャージが

今日からは、片道7000円になります。

旅行の場合は、往復になるので、その倍かかります。

ちょっと豪華な一食分ですよね(^^

スポンサーサイト

次回、2018年2月以降の燃油サーチャージは?

今の料金は、12月1日~1月31日までなので

その後の原油の価格で、また変動するかもしれません。

だいたい、1ヶ月くらい前になると次の期間の燃油サーチャージが分かるので

それを見て、変更したい人は(安くなるなら)2月になってから変更したほうが良いですね。

その時に狙ってた席が空いているか?と言う問題も出てきますが・・・。

でも、私の経験上・・・それほど空席に動きはありませんでしたよ。

参考までに!!

スポンサーサイト


燃油サーチャージだけで、1人往復60,000円だった時代

燃油サーチャージ、ヨーロッパまで片道7,000円×往復=14,000円かかったとしても

2015年にパリに行った時は、1人片道30,000円×往復=60,000円の時を考えると

全然良心的な価格だと思ってしまいます(^^

あの時が異常に高かったんですね・・・当時は、それが普通だと思ってました。

 

1人60,000円の燃油サーチャージを2人分

120,000円も燃油サーチャージにかかってたなんて嘘みたいですね(汗

燃油サーチャージのゾーン毎の料金

燃油サーチャージは、その時の原油価格によってゾーンに分けられ

そのゾーンごとに料金が決められてます。

今(2017年12月~1月)は、Bゾーンになります。

 

燃油サーチャージの料金については、こちら!

この表ではゾーンEまでしか載ってませんが

今までで最高はHかIだと思います。

たぶん、私が2015年に乗った時は、その時だったんじゃないかと・・・・。

だから、年末年始のANAのパリ直行便なのに空席があったのかもしれませんね(^^

でも、サラリーマンだとそんな時しか行けないし

マイレージで航空券分は無料なので、燃油サーチャージくらい出しても良いかな・・・

みたいな気持ちはありました。

燃油サーチャージを節約する方法は?

燃油サーチャージは、大人も子供も、生後1ヶ月の赤ちゃんにも普通にかかります。

シートのクラスも全く関係ありません。

 

節約する方法があるとすれば・・・

燃油サーチャージが安い時に予約を入れて発券しておく。

航空券は1年前から予約出来るので、1年前から旅行計画を立てておいて

航空券だけは押さえておく!

そして、変更したい場合は、予約時よりもサーチャージが下がった時にする。

もし、燃油サーチャージが下がらない(上がる一方)の時は、そのまま変更しない。

 

ちなみに・・・

今現在の燃油サーチャージ(Bゾーン)は

私から見れば、かなり安い時期だと思いますよ。

燃油サーチャージ込みのツアーに参加する

最近は、燃油サーチャージ込みの料金のツアーも増えてきてます。

料金的には高く感じますが、燃油サーチャージが高いときなら

ツアー代だけ見れば、かなりお得な価格になってますよ。

HISなどでよく見かけます。

燃油サーチャージ込みのツアー 一覧【HIS】

もちろん、他のツアー会社も探せばあると思います。

 

後日わかったんですが!燃油サーチャージの安い航空会社もあります!

スポンサーサイト