ガウディ建築と言えば、サグラダ・ファミリア!!

つか、バルセロナ旅行を計画してから色々と調べて、グエル公園とか、カサ・バトリョとかカサ・ミラも知ったという・・・

バルセロナには、全く知識の無かった私ですが・・・

 

ガウディの最初の家であり作品が、カサ・ビセンスというのも最近知りました(^^

カサ・ビセンスは、今までは外観だけしか見ることができず

それほど人気の観光スポットでは無かったけど

11月から内部も一般公開されるようになったようですね~

 

そんなの聞くと、行ってみたくなってしまうオノボリさんの私・・・

スポンサーサイト

カサ・バトリョの場所、アクセス方法

バルセロナ行ったら行きたい所は他にもあって

生きたいところをマップで調べてみました!

カサ・ビセンスは、下のマップでになります。

(数字をクリックすると、そこの詳細がでます)

私は、カタルーニャ広場の近くに宿泊する予定なので

カタルーニャから行くには、地下鉄で行くのが一番便利そうです。


スポンサーサイト


カサ・ビセンスの入館料は?どこで購入できる?

16ユーロで、他の施設と同じく、時間指定も出来ます。

入場券は、こちらで購入できます(日本語はありません)

 

外国語に自信がない方は、日本語で購入できるこちらのサイトで購入するのが良いと思います(定価16€だし)。

【入場券】世界遺産 カサ・ビセンス(ガウディ建築)   

 

カサ・ビセンスは、サグラダ・ファミリアとか、カサ・バトリョなどから見たら、あまりガウディ建築には見えないようです。

でも、タイルの色使いとかは、やっぱりガウディのセンスが溢れているとか!

 

フロアー毎にガイドが居て、英語かスペイン語で説明してくれるそうです。

英語が理解できるなら、説明して貰った方がより楽しく見学出来ると思いますよ。

でも、ガイドの人数が少ないために、見つけたらすぐにお願いした方が良いでしょう。

 

だいたい、1時間もあれば、じっくりと見ることが出来ると思います。

ショップもあるので、オリジナルグッズとかも気になるところです(^^

ぜひ、行ってみたいですね!!

スポンサーサイト