今回のバルセロナのテロ事件で色々と思うことがありました。
外国で、何らかの事件に巻き込まれて

自分は、スペイン語も話せないし、英語もあまり話せない・・・

そんな時、どうしたらいいんだろう?

 

もちろん、テロだけに限りません・・・

飛行機がストになって延泊せざるを得なくなったら?

病気になって予定通り帰国できなくなったら?

盗難などにあって、パスポートとか現金が無くなってしまったら?

 

私が思い浮かぶ、解決法はこれくらい(無理のあるものも含めて)

  1. 日本語の通じるホテルに泊まる
  2. 日本語で誰かと連絡できるようにしておく
  3. 日本語が通じる所に駆け込む
  4. 英語くらいは話せるようにしておく
スポンサーサイト

日本語の通じるホテルに泊まる

これは、たぶん一番安心な方法だと思います。

でも、何もかも頼るわけでにはいかないので

相談に乗っていただくくらいの気持ちでいなければいけませんけどね。

 

でも、バルセロナって、あまり日本語の通じるホテルって無いんですよね。

パリとかだと、ホテルとかアパートとか日本人が管理しているところってあったんですが・・

そんなバルでロナで見つけた、日本人スタッフのいる宿泊施設です。

日本人経営のB&B【Cas de Barca/カサデバルサ】

FaceBookでも時々情報を得させて貰ってますが

今回のテロの時も、宿泊者の安否をすぐに確認したり

バルセロナの状況を詳しく報告してくれて

とても信頼できるところだと思いました。

Waytostay

ここは、ホテルではなく短期アパートです。

現地でも日本人スタッフが対応してくれるみたいです。

ただ、何らかの理由でキャンセルしたばあいは

全額戻ってくるとは言え

現金ではなく、クーポンで返金というのが微妙です・・・。

また、アパートなので、どこまで相談できるかは分かりません!

日本語で誰かと連絡できるようにしておく

「PC・スマホをバルセロナで使えるようにしておくのはやっぱり大事だ!」って

今回のテロ報道を見て強く感じました。

 

状況を知ろうにも、TVはスペイン語がほとんどだと思うし

ネット環境さえあれば、自分のPCやスマホで日本語のニュースを見れるし

LINEとかで、家族に連絡を取ることも出来ますから。

自分のPCやスマホなら検索もしやすいですからね。

日本語が通じる所に駆け込む

>>日本大使館

でも、日本大使館って休日が多かったり、土日は休みだったり

窓口時間とかも公務員の時間帯で、結構使えない気がする・・・(^^;

今回のテロのような事故が起きた時は、休日出勤もあると思うけど

パスポートの再発行とか、個人的なトラブルの時は、休み明けでしょう。

英語くらいは話せるようにしておく

ごもっともですが・・・

私なりに、英会話なども挑戦してみてますが・・・

そう簡単にはいかないです(涙

本当に、せめて英語だけでも話せたら、ホテルももっと選択肢があるんだと思います。

スポンサーサイト